女性アイドルニュース

可愛いアイドルの裏情報などを画像と動画付きでお伝えします

眞鍋かをり所属事務所オーナーの記事 「フラッシュ」が誤り認め「お詫び」

2010-09-02 Thu 01:40:21

眞鍋かをり所属事務所オーナーの記事 「フラッシュ」が誤り認め「お詫び」

タレント眞鍋かをりさん(29)が所属していた事務所「アヴィラ」の実質的オーナー・牧野昌哉氏について写真週刊誌「フラッシュ」が掲載した記事に関し、同誌2010年9月14日号に「お詫び」が掲載された。

問題となったのは、3月2日号に掲載された眞鍋さんと事務所のトラブルに関する記事。「前社長からストーカー被害にもあっていた!」という見出しで、眞鍋さんが牧野氏(前社長)を家庭裁判所に訴え、「裁判所から『(牧野氏は眞鍋さんに)直接話してはならない。彼女の半径数十メートル以内に近づいてはいけない』という命令が出た」という「芸能プロ関係者」の話を紹介していた。
「裁判所から命令が出たという事実ない」

9月14日号に掲載された「お詫び」文によると、眞鍋さんが牧野氏を家庭裁判所に訴えたという事実はなく、「裁判所から命令が出されたという事実もありません」と訂正。「牧野昌哉氏の名誉を傷つけ、ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします」と謝罪した。

8 月31日付けの牧野氏側の発表では、同記事によって牧野氏の社会的な信用が損なわれ、日常生活や業務にも支障が生じるようになった、としている。「フラッシュ」編集部に抗議し、その後数回話し合ったところ、編集部側が記事の誤りを認め、お詫び文の掲載で和解することになった。

アヴィラと眞鍋さんは現在係争中で、アヴィラは眞鍋さんが専属契約を一方的に解除したとしており、眞鍋さん側は契約の無効を主張。互いに言い分がかみ合わず、泥沼化している。

アイドル  グラビアアイドル
youtube  画像  動画



愛アプリ

タレントの眞鍋かをりさん(29)に対し、2010年8月23日、元所属事務所アヴィラの実質オーナー牧野昌哉氏が、名誉を毀損されたとして東京地裁に1億円の損害賠償請求を起こした。

アヴィラと眞鍋さんは現在係争中で、アヴィラは眞鍋さんが専属契約を一方的に解除したとしており、眞鍋さん側は契約は無効だとしている。
「根拠の曖昧な風評や伝聞」

牧野氏の発表によると、眞鍋さんが裁判で提出した準備書面の中に「タレント某は牧野と性的関係を持ったから、番組に出演できた」とマネージャーから聞かされたという記述や、牧野氏が「もし妊娠するようなことがあれば中絶させる」などと言っていたという主張があった。これら「根拠の曖昧な風評や伝聞」「事実に反する主張」が一部マスコミに事実であるかのように報じられたため、社会的な信用や名誉が傷つけられたとしている。


タレントの眞鍋かをりさん(29)が所属事務所内「枕営業」の会話を聞かされていたと暴露するなど、事務所との裁判が泥沼化している。

「マネージャーが、そういう話を眞鍋にしていたのは事実ですね」

「妊娠した場合の中絶まで…」

眞鍋かをりさんの代理人弁護士は、取材に対し、「枕営業」会話の存在をこう明かした。

同弁護士によると、事務所の実質オーナーと関係を持ったので番組に出演できたタレントがいる、と眞鍋さんは聞かされていた。ただ、どのくらい頻繁に聞かされたのかは、定かではない。また、あくまでも伝聞に過ぎないので、事実として「枕営業」があったかは分からないという。

また、このオーナーが眞鍋さんに対し、もし男女交際して妊娠した場合は、中絶するように発言していたことも明かした。アイドルを抱える芸能プロなら、男女交際を禁止している例は珍しくないが、妊娠中絶まで求めていたとすれば、異例かもしれない。

こうした内容は、形態が変遷した事務所との契約関係不存在の確認を求める訴訟の準備書面に盛り込んだという。事務所側はこの裁判で、眞鍋さんが業務拒否したと3億円の損害賠償を求める反訴をしている。

東京スポーツの2010年8月3日発売号でも、この書面内容を報じている。それによると、事務所ではこのほかにも、スタッフが眞鍋さんを尾行したり、眞鍋さんの携帯を盗み見したりなどしていたというのだ。

これらについては、眞鍋さんの代理人弁護士は、「これ以上はノーコメント」として、肯定も否定もしなかった。

眞鍋さんが訴訟を起こしたのは、実質オーナーの脱税事件で自宅の家宅捜索を受けたことを屈辱と感じるなどしたから。こうした主張も、契約を解除したことを訴える理由になるとして、裁判などで明らかにしたかったようだ。


タレント眞鍋かをりさん(28)の年収が5000万円もあると、元所属事務所が明かした。事務所移動騒動の最中にある眞鍋さんは「働いても働いても月給30万円」などと報じられ、安月給に同情の声も出ていたが、今度は一転バッシングに発展している。

タレントがどれくらい給料を貰っているかは謎だ。テレビに頻繁に登場する売れっ子になっても、固定給契約の事務所に所属するタレントは低かったり、個人事務所などは収入の多くが自分の懐に入るため、さほど売れていなくても高給となる場合があったりするからだ。
「うちら芸能人としてはフェーッ!!」

眞鍋かをりさんの2009年の月給が420万円ではないかという見方が出たのは、元所属事務所アヴィラの発表からだ。アヴィラ社長の法人税法違反事件により家宅捜索を受け、屈辱的な思いをしたとして眞鍋さんがアヴィラとの契約解除を求めた。これに関連して、2010年3月29日、元所属事務所はマスコミ各社にファックスで、眞鍋さんの家宅捜索は「眞鍋本人への脱税容疑だった」と伝えた。そして、眞鍋さんの09年の月給は420万円で、420万円のうち180万円を母親が経営する会社に振り込んでいたと説明し、これが「脱税」になるとした。

2010年4月4日放送のTBS系「アッコにおまかせ!」でもこの給与が話題になり、司会の和田アキ子さんは、

「420万円は凄いですよ。うちら芸能人としてはフェーッ!! みたいな」

と驚いた。同番組に出演したマリエさんもこういった。

「芸能人って、そんなに儲かるの?」

出川哲朗さんは、

「これだけ稼ぐというのは、相当(ランクが)上の人だよね」

と話した。

  • seo
  • SEO
  • loading
  • d8r7pkuo